ストレンジ・メナスII

「新たなる胎動」

著者:秋西中馬茶
出版社:V2 Solution
発行日:2016/12/23
単行本:320ページ

amazonへ見に行く

秋西中馬茶のコメント

3部作の真ん中に当たるこの作品も前作同様に、以前ミクシィで連載してきた内容を追加編集しました。
しかし第1巻と大きく異なるところは、当時書いていなかったエピソードを追加したり、あまり必要ではないと感じたエピソードを削除したりと、大幅な変更をしたことです。
第1巻は青木茂が事件に巻き込まれて翻弄されている姿を描いてきました。しかし本人が望まなくても、身近に死を体験することで生きること、死ぬことを考えなければならなくなる。そういう苦悩を描くことができればいいなということに意識しました。
これは物語であるテーマに繋がっていくものでもあり、第2巻という中間の位置付けとしての役割を果たしたのではないかと考えています。

編集部のコメント

大阪を舞台にした作品です。父や母、恋人など、さまざまな人への主人公の思いが交錯する感じで何とも言えない味があるように思います。夢か現実か分からなくなっていく感じもいいですねぇ。ぜひ手に取ってお試しいただければありがたいです。

人物紹介

青木茂
超能力によって、人が死なないパラレルワールドを作る。そのなかで山田芳夫や山田久美子と出会い、愛すること、守ることを知る。
山田芳夫
山田久美子の父親。娘同様超能力を持っている。特に過去に戻れる能力があり、その能力を使って人助けをしている。
大川英夫
山田芳夫の義理兄。山田芳夫同様、超能力を持っているが、悪い思考から青木茂と山田芳夫を窮地に追い込む。
山田久美子
青木茂の優しさに触れて、過去のトラウマを忘れようとする。いつしか青木茂を愛するようになる。