ストレンジ・メナスIII

「宇宙の彼方へ」

著者:秋西中馬茶
出版社:V2 Solution
発行日:2018/9/21
単行本:320ページ

amazonへ見に行く

秋西中馬茶のコメント

最終巻に当たるこの作品は、第1巻、第2巻と違い、当時ほとんど書いていませんでした。頭の中では描いていたものの、エピローグにつなげるためのエピソードとしていくつか候補があり、採用しては書き直したりの連続でした。本来は前2作品同様のペース書き上げたかったのですが、二つの問題がありました。
急げば出来たかもわかりませんが、自分のなかで納得できるストーリーではなかったこともあり、延期するしか方法はありませんでした。それと出版費用の問題です。これもあり、第2巻の1年後を断念し、1年9ヶ月後にようやく出版することになりました。そのおかげで、結果として、自分自身では慌てて書き上げなくてよかったと思っています。悩んだ分、より納得できるラストになったのではないかと考えています。

編集部のコメント

壮大な展開を見せるこの作品も、今回で終了となります。何だか寂しいものです。最終巻にふさわしく、一言で言い表せないじんわりとする味わい深さがある気がします。ぜひ手に取ってお試しいただければありがたいです。

人物紹介

青木茂
超能力が備わってから、次々と起こる事件に巻き込まれる。やがて知る真実に対し、なぜ生きてきたのかを自ら問いかけ、自ら答えを出すことになる。
山田芳夫
娘の久美子と青木茂が幸せになるためには命を捨ててもいいと考えている。
村山崇
青木茂が巻き込まれた事件で出会う高齢の男性。青木茂の優しさに触れ、いつしか感化されていく。
大久保光博
青木茂が巻き込まれた事件で出会う同世代の男性。周りの人に対していつも気遣える性格の持ち主。